水漏れ

ということなぞを穿くりたいと思っていたのであろうが、水漏れ 高槻市を帯びない住民を拉して来たのであったから、別段手荒なことなぞをして連れて来たわけではなかった。が、それでも、この二人は見知らぬ人に連れて来られたということそのことで恐怖を感じ切っていたのであろう。るどうぃっひ事務らの前に生きた顔色もなく震えている様は傍で見る眼も気の毒になるくらいであった。二人とも立派な白人であり、鼻の隆い、眼の碧い、そして髪の毛が亜麻色をした、弊社と何ら異なったところのない欧州人であったが、その服装の変っていることには、まったく一驚を喫せずにはいられなかったのであった。老人は年の頃五十五、六くらい、少年は十七、八とも見える年齢であったが、二人とも肩から踝までも隠れるくらいの長い外衣を着けて、しかもその外衣の奇妙なこと!左肩に夥しい襞が付いて、その襞の部分を肩に引っ掛けたようなかっこうをしているのであった。そして右肩は、青銅製の丸環でこの外衣を吊り、外衣は左腰のあたりで緩やかな帯に挟んであるように思われた。少年は下に薄い純白の肉衣を着けていたが、老人の方は素肌にこの外衣を纏うているらしく、頚も右肩もことごとく露出しになっていた。そして二人とも素足に革のさんだるを穿いているのであった。しかも弊社の面食らったのは、ただに奇妙なその服装ばかりではない。